あけましておめでとうございます
昨年は大変お世話になりました 本年もよろしくお願いいたします

この度、昨年の11月28日発表があり正式に、私たちの挑戦しておりましたチェルシーフラワーショー2019の出場が決定しました。「漢方の庭(Kanpo no Niha)」スポンサー名は「漢方の庭300名のスポンサー(Kampo no Niha 300 sponsors)」に決定しました。

ご支援をありがとうございます

これもひとえに、皆様からのスポンサー支援があってのことと思っております。一次審査を通過したときは、感動があふれました。ですが、あと一歩の資金が全くないなか、SNSでの拡散を、仲間であったり先輩、お客様からの応援をいただきまして、私たちだけでは到底集めることの困難な300名以上のスポンサー支援をいただくことができました。

RHSのホームページに掲載されました

下のリンクはRHSのホームページに行き、私たちのデザインをした「漢方の庭」が掲載されています。よろしければ、ご覧ください。

https://www.rhs.org.uk/shows-events/rhs-chelsea-flower-show/Gardens/2019/kampo-no-niha

資金調達の方法について

本来プロならば、事前に資金を用意するものかもしれませんが。私たちは地方の小さなデザイナー集団であって、全国的に有名な賞を受賞の経験はあるものの、知名度、認知度が低く企業や団体様からの支援をうけづらい状況でした。イギリスでスポンサー名が出たとしても「企業にとって、ベネフィットがどのくらいあるのか」もしっかりと説明できなく、遺憾におもっております。

今回の経験をもとに、また実際に現場に立ち、企業や団体様のベネフィットについてもしっかりと考えます。皆様に出場の後押しをしていただきましたこと誠にありがとうございます。

現在の資金状況

現在、スタート時点での金額の1,700万円は集まりましたが、イギリスとの積算を積み重ねていく中資金不足の懸念が出ております。なので、当初の1,700万円から300万円を上乗せした2,000万円で資金を受け付けております。

よろしければ、ご支援をいただけましたら幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

さいごに、昨年のチェルシーフラワーショーの様子が伺える動画を、よろしければご覧ください。